今日あった野菜の話

【葉物野菜】とう立ちした野菜は出荷して良いのか【大人の事情】

投稿日:

立春に出荷された大根に花芽がついていた

大根に付いた極めて小さい蕾

ここ近畿では立春が過ぎた頃に花芽が付き始める事が多い。

今年も2月5日に出荷された大根の葉の根元をかき分けて覗いてみると、かなり小さいが蕾がついていた。
やっぱり暦の上ではもう春だなぁ~など思い季節の巡りを感じた。

そして帰宅後にやはり旧暦は暮らしに根差した、昔からの生活のリズムに基づいた、ありがたいものなのだなぁと噛みしめ、更に調べてみることにした。

すると、立春などの「二十四節気」が成立した中国内陸部は大陸性気候のためこの時期は気温が上がり始めているが、海に囲まれた日本列島ではずれ込み、立春の頃に寒気や荒天のピークとなることが多い 。

とあった。

なんとも春にはまだほど遠い様な内容であった。
身も蓋もないが、二十四節気は中国の内陸部、大陸性気候を元に作られていて、日本のでは言葉が先で、意味が後から付けられたものだとわかった。

大根に小さな花芽が付いた→もう春だなぁ→立春

ではなく、

立春→この頃に花芽が付き始める

という順番が正しかったようだ。

これ、意味が後付だから何とでも言えるし、日本全国色々な地域や気候があるから、ありがたがってそんなに盲信してはいけないとしみじみと感じた。

とう立ちした葉物野菜は出荷してよいのか

ここから先では葉物野菜限定で話を進める。
キャベツ、ハクサイも含めているが、人参や大根、玉ねぎなどのネギ類などはとう立ちすると全く食べられない代物になるので除外する。

花芽の付いたターサイ

以前ふと疑問に思い、懇意にしていた生産者の方に疑問をぶつけてみた。

「花芽が付いた葉物野菜は出荷していいんですか?」
「とう立ちした茎の長さはどのくらいが許容範囲なんですか?」

うーーん。。 と唸ってしまい、
「花芽は無ければ無い方がいいが、あってもまぁしょうがない時もあるし…」
と結局明確な基準は教えてくれなかった。

しかたがないので今度は市場関係の知り合いにも聞いてみると

「袋詰めされた状態で花芽が見えなければOK!」

と、これまた凄い答えを頂いた。

まとめると、葉物野菜では花芽が付いてない方がそりゃあいいが、しょうがない場合が多々ある。大人の事情だ。ということだろう。

※注)ここで断りを入れておくが、この判断基準は私の知っている中の話だ。
 気合の入った生産者や生産団体の栽培基準で、絶対にとう立ちしていたら出荷しないというところもあると思う。

-今日あった野菜の話

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【特別栽培農産物】え!?節減対象農薬不使用って農薬使ってないんじゃないの?→簡単にまとめました

有機野菜と表示するには手間がかかる、無農薬と表示すると罰則金。そんなすき間を埋めるマニアックな「特別栽培農産物」の表示です。 Contents1 まず特別栽培農産物とは2 節減対象農薬不使用と農薬不使 …

【京野菜】壬生菜が売れない。

壬生菜300g超 何をやっても売れないのでそういうもんだと思ってます 壬生菜。 言わずと知れた京野菜の雄。 壬生と言えば『壬生義士伝』を思い浮かべてしまい、義理と人情に思いを馳せてしまう。 しかし残念 …

【スーパー毎年恒例クレーム】さといもが腐っててカビ生えてた

Contents1 毎年一度はサトイモにカビが生えたとクレームで返品になります2 まず、非常に分かり辛い。3 スプーンでほじってみた。4 結局1/4くらいは腐っていた 毎年一度はサトイモにカビが生えた …

種子法廃止って結局なんなんだよ?自家採種禁止?モンサントの陰謀?売国TPPか?→簡単にまとめました

Contents1 まずは簡単に種子法とは2 種子法がなくなるとどうなるか予想してみた3 え!じゃあ公共のものだったコメの品種はどうなんの?4 噂で聞いたけどモンサント社が黒幕なんやろ?5 自家採種禁 …

うまい菜は言うほど美味くない★口だけ野菜No1

ここ数日、平成28年度分の年末調整をしておりました。 なんせ1月~6月半年分の徴収税額が間違って過払いになってて、7月~12月で納付が無かったので税務署に収めた分を取り戻す手続きをしてました。 一旦払 …

【プロフィール】

【プロフィール】

野菜ジャーナリスト、野菜占い師、古物商。
その他ひょうたんの栽培加工販売、野外フェス等へのオリジナル料理「コブラ巻」の出店、顔出し看板の作成、Earth,wind & COBRAでのファンクボーカルなどなどなど精力的に活動している。