今日あった野菜の話

ぶなしめじに白カビ生えてる!ってクレームめっちゃ多いわ!

投稿日:2016年12月13日 更新日:


おたくはカビ売ってんの!(怒)

って話よく聞きます。
ぶなしめじに白カビが生えてる!ってクレーム多いんです。

正体はモフモフに発達した気中菌糸(きちゅうきんし)。業界用語で「菌戻り」。
この菌糸ももちろんキノコの一部なんです。原木栽培ヒラタケが非常に出やすかった思い出があります。

スーパーでは早朝の前日の売れ残りを冷蔵庫から出して、再陳列するときによくチェックするポイントです。小売店では菌戻りが出たぶなシメジは廃棄する場合がほとんどです。

見た目は完全に白カビですよね。抵抗あるのはよく分かります。

鮮度が落ちてきている判断基準でもあるので、ちょっとでも発生していたら買わないのが無難です。

でも自宅に帰ってから発生しちゃうことだってよくあります。

そもそもきのこはカビみたいなもの

菌戻りの主な原因は

  1. パッケージが空いていて空気に触れる頻度が高かった
  2. 温度差が激しい場所の行き来

気中菌が生えたら払う、拭き取る、気にしない!笑

解決方法は新鮮なうちにさっさと食べる、食べれないなら即冷凍。

ぶなシメジは冷凍しておけばかなり役立つ便利野菜です。鍋料理にサッと一品足したり、ラーメン等にもチョッとだけ入れたりできます。しかし冷凍すると歯ごたえは落ちるので炒め物などの場合は生の方がお勧め。

キノコ類全般に言えることですが、冷凍すると旨みは増すが、食感は落ちる

シイタケは乾燥させても冷凍させても旨みが数倍増す正にキングオブキノコ!

この特徴を踏まえて適材適所で使おう!

一年中安価で安定出荷 美味しい

最近特に野菜高騰のニュースをテレビや新聞で見ますよね。そんな高騰時にでも安定して我が道を行く1株100円前後なぶなシメジ!管理し易い菌床栽培ならではです。

モヤシや豆苗などと同じく工業製品にかなり近い。薄暗い栽培部屋で温度湿度管理が可能な菌床きのこ栽培は安定した出荷が可能です。

しかし有名なぶなしめじ大手メーカーのものなどはハッキリ言って美味くないものが多いです。

栽培が容易で成長が早く、棚持ち(日持ち)重視で乾燥も強め、味は二の次、三の次。大量生産で価格も安く市場を席巻中ですが、食味重視のぶなしめじを見つけて食べると食感と味の違いにビックリしますよ。

 

-今日あった野菜の話

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

ゼスプリゴールドガールよ何処へ

Contents1 ついにキウイフルーツの出荷が始まった2 キウイの思い出3 王者ゼスプリゴールドキウイ ついにキウイフルーツの出荷が始まった キウイフルーツの出荷が始まるとまた冬が来たなと思う。11 …

富有柿と冬柿

Contents1 富有柿(ふゆがき)発音は「ふゆぅがき」2 永遠のB級感 昭和レトロ感 庭先感3 冬柿 – 英語で書くとHUYU-KAKI – 富有柿(ふゆがき)発音は「ふゆ …

ブロッコリーvsカリフラワー戦争★現在ブロッコリーが優勢の様子

Contents1 ハイスクールカリフラワーイヤーor Dumpling?2 家の隣がカリフラワー農家3 ウェルカム新品種 ハイスクールカリフラワーイヤーor Dumpling? 高校が体育の盛んな学 …

ちぢみ小松菜 夏は縮まない困ったな

Contents1 本日の題名、気付いた方もいたと思うがダジャレである。2 【大寒】かなり縮んでまいりました3 ちぢみほうれん草徒然4 夏の日のちぢみ小松菜5 日本を席巻した小松川旋風 本日の題名、気 …

冬瓜(とうがん)は実際に冬までもつのか本当に試してみた

【プロフィール】

【プロフィール】

野菜ジャーナリスト、野菜占い師、古物商。
その他ひょうたんの栽培加工販売、野外フェス等へのオリジナル料理「コブラ巻」の出店、顔出し看板の作成、Earth,wind & COBRAでのファンクボーカルなどなどなど精力的に活動している。