今日あった野菜の話

【京野菜】壬生菜が売れない。

投稿日:2019年2月9日 更新日:

壬生菜300g超

何をやっても売れないのでそういうもんだと思ってます

壬生菜。

言わずと知れた京野菜の雄。

壬生と言えば『壬生義士伝』を思い浮かべてしまい、義理と人情に思いを馳せてしまう。

しかし残念ながら京野菜でも、ロマンの壬生でも、毎年の如く全く売れない。

毎年だ。

有機野菜のJAS認定を取得した有機壬生菜300gを98円税込で売っても1日5束も売れない。

説明のPOPも付けた。
レシピも付けた。
売り場もまぁまぁなポジションを与えてみた。

全く手ごたえがない。

やはり壬生菜は漬物くらいしか利用方法が思い浮かばないのだろう。

太陽は東からのぼる
砂糖は甘い
宝くじは当たらない
壬生菜は売れない

そんなもんだと思うしかない。

壬生菜を売る方法を考えてみた

逆にだ。
なぜここまで売れないのか考えてみた。

  • 知名度(食べ方を知らない)
  • ピリ辛
  • 売ってない
  • そもそも興味がない

名前の知名度はあると思うが、なんせ食べ方が漬物くらいしか思いつかない。

店頭で配布しているレシピはチャーハンとか餃子の具とかのアレンジを記載して配布しているが、レシピすら減らないので「そもそも興味がない」のが原因なのではないか。

ここまで値段も安いのに興味がないって『からし菜』に次ぐくらい酷いと思う。

やっぱり地道に色々なレシピを考えて提案していくのが王道なんだろうな。

-今日あった野菜の話

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

春の足音のような葉玉ねぎ

太陽の塔と葉玉ねぎのコラボ Contents1 発音は【はぁ:たまねぎ】関西圏調べ2 出荷期間中に進化していく3 葉付き新タマネギ4 スーパーでは一般的ではない5 直売所の魅力が詰まった葉玉ねぎ 発音 …

キンカン饅頭は俺が考えた→ググったら既にめっちゃあったわ

Contents1 私とキンカン2 宮崎産のキンカン有名品種「タマタマ」3 迷わず行けよ行けばわかるさ 私とキンカン 出会いは古い。 5歳に満たないまだ記憶もおぼろげな頃、幼馴染が愛用していたのがキン …

no image

真竹(マダケ)と淡竹(ハチク)の見分け方が微妙過ぎる

Contents1 毎年繰り広げられるタケノコ談義2 千葉の友人のSNSへの投稿3 不安。。まさか、、、、4 そして知の結集グーグル先生へ 毎年繰り広げられるタケノコ談義 6月に入り気温も湿度も上がる …

たばねらの使い方が15年経っても分からない

Contents1 捨てられた相棒2 丈夫&丈夫3 なぜ捨てるのか??4 使い方が自己流なので意味が分からないパーツが多い 捨てられた相棒 今日は天気も良く6月にしてはカラっと晴れて、気持ちよ …

富有柿と冬柿

Contents1 富有柿(ふゆがき)発音は「ふゆぅがき」2 永遠のB級感 昭和レトロ感 庭先感3 冬柿 – 英語で書くとHUYU-KAKI – 富有柿(ふゆがき)発音は「ふゆ …

【プロフィール】

【プロフィール】

野菜ジャーナリスト、野菜占い師、古物商。
その他ひょうたんの栽培加工販売、野外フェス等へのオリジナル料理「コブラ巻」の出店、顔出し看板の作成、Earth,wind & COBRAでのファンクボーカルなどなどなど精力的に活動している。