今日あった野菜の話

お節料理【芽が出る】はカイワレ大根スポンジごとinに★くわいはQuietで天下泰平

投稿日:2016年12月29日 更新日:


3年越しのくわいをようやく貰えた

3年越しにようやく、くわいを農家のおばちゃんから貰った。

生産物の集荷に行くと必ず缶コーヒーをくれるおばちゃんがいる。他にもできそこないのペコロスの様な玉ねぎを20kgほど毎年くれるし、採りたてのデコポンや(デコポンは採りたては甘くない)極短のダイコン、ふわふわのハクサイなど、旬の野菜果物を山のようにくれるのだ。

くわいをくれるまでは壮大なドラマがある。

一昨年の暮れに近所の農家からくわいの苗を分けてもらったそうで、自分の畑でも大きな樽に土と水を入れて栽培を始めた。

栽培1年目はあまり手もかけずに放っぽりっぱなしで、葉もまぁまぁ出てきて生い茂り、なんとか12月に掘り返して収穫できたそうだ。しかし色も悪く、食べたらドブ臭く食べれたモンではなかったそうだ。

栽培2年目は少し工夫して納屋のひさしから雨水を集めて、くわいの樽に流れ込むようにし、水の循環を良くしてみた。樽も紫外線に当たって程よく劣化し少しヒビも入った。葉の成長具合はさほど変わらなかったが、味は格段に良くなり、お店で買うような普通にくわいだったそうだ。

それをようやく昨日貰ってきた。

もう今年も終わりも終わり、最後に貰ったのが正月用のくわい。風情がある。

今日は朝の7時半から、家の前の神社の門松と年越しの篝火(読:かがりび、年越しに夜通し焚く)をこしらえに奉仕作業をしてきた。そんな純和風な年の瀬にくわいはよく合う。

お節料理のまたまた新提案!今度は英語を取り入れてみました。

お節料理というか駄洒落とこじ付けのオンパレード、まさしく純日本風だ。

くわいは何故、お節料理のラインナップにランクインしているか調べてみたら、

「芽が出る」縁起がいい食べ物ってことのようだ。

 

。。。いや、植物ってなんでも芽が出るじゃん・・・。

 

もう黒豆が「まめに働く」とか「喜(よろ)コンブ」的なめでたい感じのゴリ押しの凄まじさ。

以前の大予言記事でも書いたが

【予言】菊芋は50年後のお節に入っている【子宝・子孫繁栄】 ゆるキャラの犬りん★

http://kozima.info/timely/kikuimo

お節なんてものはもともと庶民の自発的な楽しみたいって思う気持ちから生まれたものだから、現代でもどんどん追加して言ったらいいと思う。

伝統料理化して庶民の生活から離れていってしまってたお節料理。何万円も出して買ってきて、意味も分からず食べる事に既にお節の意味は無くなっている

現代お節は「芽が出る」からカイワレ大根のスポンジごとinでも充分いいと思う。

むしろ食べても食べても次から次へ芽が出て止まらない。など縁起の良い極地だ。

くわいも「芽が出る」は抽象的過ぎるし他の野菜も芽は出るので、斬新に英語のクワイエット(Quiet)にかけて安寧とか天下泰平的なスケールの大きい意味に変えよう。

-今日あった野菜の話
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

真竹(マダケ)と淡竹(ハチク)の見分け方が微妙過ぎる

Contents1 毎年繰り広げられるタケノコ談義2 千葉の友人のSNSへの投稿3 不安。。まさか、、、、4 そして知の結集グーグル先生へ 毎年繰り広げられるタケノコ談義 6月に入り気温も湿度も上がる …

ブロッコリーvsカリフラワー戦争★現在ブロッコリーが優勢の様子

Contents1 ハイスクールカリフラワーイヤーor Dumpling?2 家の隣がカリフラワー農家3 ウェルカム新品種 ハイスクールカリフラワーイヤーor Dumpling? 高校が体育の盛んな学 …

【農家の伝統裏メニュー】菜花ってそもそも花って食べれるの?

Contents1 【ら抜き言葉】食べれます!食べられます!2 菜の花と食用にする菜花の違い3 花が開いたら不良品ってルールやめない?4 実は菜花は各地で伝統野菜だった5 スーパーで千葉県伝統体操の「 …

【京野菜】壬生菜が売れない。

壬生菜300g超 何をやっても売れないのでそういうもんだと思ってます 壬生菜。 言わずと知れた京野菜の雄。 壬生と言えば『壬生義士伝』を思い浮かべてしまい、義理と人情に思いを馳せてしまう。 しかし残念 …

no image

つるむらさきって、つる’みどり’じゃない??

今年初出荷のつるむらさき。めちゃフレッシュ。 Contents1 一部の熱狂的なマニア向け野菜でした2 温暖化も追い風に3 ところで名前の由来なんだけど… 一部の熱狂的なマニア向け野菜でした とにかく …

【プロフィール】

【プロフィール】

野菜ジャーナリスト、野菜占い師、古物商。
その他ひょうたんの栽培加工販売、野外フェス等へのオリジナル料理「コブラ巻」の出店、顔出し看板の作成、Earth,wind & COBRAでのファンクボーカルなどなどなど精力的に活動している。