今日あった野菜の話

ゼスプリゴールドガールよ何処へ

投稿日:


ついにキウイフルーツの出荷が始まった

キウイフルーツの出荷が始まるとまた冬が来たなと思う。11月中に収穫したものを2℃くらいで貯蔵し、12月中旬から3月初旬くらいまで出荷が続く予定だ。出荷の前にガスで食べ頃にしてから販売する。4月以降は季節が逆な南半球のニュージーランド産キウイフルーツが売り場に並ぶ。

息子が通うこども園にもキウイの樹があるらしく、秋には大量のピンポン玉くらいのキウイフルーツを持って帰ってくる。

摘果(間引き)をしないからなのか、雌雄株がないからなのか分からないが大量に生るようだ。エチレンガスを大量に発するリンゴと一緒に密閉袋に入れておいておけば、すぐに柔らかくなりまぁまぁ普通においしい。

キウイの思い出

キウイkiwiと聞くと思い出すのが靴磨きのクリームと小学校の給食だ。

まず靴磨きの方のキウイの話だが、私は靴磨きが好きだ。モノがツルツルピカピカになるのが好きなのかもしれないが、やすりやディスクサンダー、オービタルサンダー、研磨剤など磨くのが好きなのだ。

そして革靴用品のブランドでkiwiという銘柄がある。ブリキのカワイイ缶にクリームが入っていて趣がある。いかにも昔ながらの靴磨き屋が使っていそうなタイプだ。

そして小学校の給食のキウイの話。

80年代の話だが当時キウイフルーツは人気は無かった。

まず家でおやつやデザートで出た記憶もないし、友達の家で出た記憶もない。まだ一般的ではなかったのだ。

それが給食で40人分、1/2カットで出てくるが非常に残る。

当時わたしは残ったキウイを食べまくっていた。スプーンでくりぬくと一口で食べられる手軽さと種のシャリシャリ感がとても好きで、給食で出るたびに5カット位は最低でも食べていたのを鮮明に覚えている。

王者ゼスプリゴールドキウイ

キウイのイメージや一般化を推し進めたプロフェッショナルな本場ニュージーランド産のキウイフルーツと言えば「ゼスプリゴールド」が有名だ。モデルの蛯原友里と坂口健二がテレビCMをやっていたのでご存じの方も非常に多い。フレッシュで若々しい淡い緑のイメージがそのまま定着している。

私の中では既にキウイフルーツ=ちょっとおしゃれな果物というイメージだ。

そして大型スーパーで頻繁に行われていた、ゼスプリガールによるゼスプリゴールド試食イベントだ!

とにかく食べごろの甘く柔らかいキウイフルーツを、白を基調にしたミニスカートのゼスプリコスチューム姿の若い女性が元気良くどんどんと試食を配りまくる。床が食べこぼした果汁でベタベタで黒くになるまで食べさせる。

土日の来客が多い時間などは黒山の人だかりで「俺にも食わせろ俺にも食わせろ」とゼスプリガールが見えなくなるほどの大賑わいだった。

100円均一で売ってそうなちょっと安もの感のあるプラスチック製のかごごと山盛りで販売しているのでお得感もあるし、特売感もあるのでバカ売れしていた。

一昔前は私も同じ青果売り場で試食させてもらったが、いまではゴールドキウイ種に病気が蔓延して一時期生産量がかなり落ちたとキウイ農家から聞いた。

最近はゼスプリゴールド試食会イベントも見なくなった。寂しい限りだ。

-今日あった野菜の話
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【京野菜】壬生菜が売れない。

壬生菜300g超 何をやっても売れないのでそういうもんだと思ってます 壬生菜。 言わずと知れた京野菜の雄。 壬生と言えば『壬生義士伝』を思い浮かべてしまい、義理と人情に思いを馳せてしまう。 しかし残念 …

春の足音のような葉玉ねぎ

太陽の塔と葉玉ねぎのコラボ Contents1 発音は【はぁ:たまねぎ】関西圏調べ2 出荷期間中に進化していく3 葉付き新タマネギ4 スーパーでは一般的ではない5 直売所の魅力が詰まった葉玉ねぎ 発音 …

no image

真竹(マダケ)と淡竹(ハチク)の見分け方が微妙過ぎる

Contents1 毎年繰り広げられるタケノコ談義2 千葉の友人のSNSへの投稿3 不安。。まさか、、、、4 そして知の結集グーグル先生へ 毎年繰り広げられるタケノコ談義 6月に入り気温も湿度も上がる …

冬瓜(とうがん)は実際に冬までもつのか本当に試してみた

no image

【八百屋あるある】小松菜の葉先が変色

昭和の野菜界の王者がほうれん草だとすると 平成の野菜界の新王者は小松菜だ        ~ワン・ターレン~ このマニアックな題名のブログに訪問して頂いた方に感謝申し上げます。 本題に入ろう。 Cont …

【プロフィール】

【プロフィール】

野菜ジャーナリスト、野菜占い師、古物商。
その他ひょうたんの栽培加工販売、野外フェス等へのオリジナル料理「コブラ巻」の出店、顔出し看板の作成、Earth,wind & COBRAでのファンクボーカルなどなどなど精力的に活動している。