今日あった野菜の話 野菜と農業のニュース

【2019年】国産キウイフルーツが全く売れない-TPPで関税ゼロ!

投稿日:2019年1月26日 更新日:

年が明けて1月 国産キウイの出荷が始まる

年内は外国産(おもにニュージーランド産)を売り、年明けから春が終わる頃まで国産を売るのが今までのキウイ販売スケジュールだ。

私も7~8年前から産地直送で国産キウイを扱ってきたが、昨年2018年度は散々だった。全く儲けにつながらず、ただただ在庫処分に人員と包装資材をつぎ込み敗走し終わらせた。

今期は昨年度よりさらに不作で小玉傾向と生産者より話は聞いていたが、総量が減るので一番小さい等級でも昨年より2割弱また仕入れ値が上がった。

7~8年前に比べて2.5倍程の仕入れ値アップだ。(実話)

確かにキウイはお金が色々とかかるのは事実で、資材高騰も事実なので価格の交渉は無下にもできないところもある。

貯蔵しておく大型の冷蔵施設は必要だし、ガスで追熟させる処理も必要。色々とお金がかかる。

今年はニュージーランド産が前代未聞の輸入量だった!知らなかった!

国産キウイ苦戦 輸入物の在庫が潤沢【日本農業新聞】 

https://www.agrinews.co.jp/p46527.html

上記記事を要約すると

  • 国産は小玉傾向などで1月中旬の販売量は前年より3割少ない
  • 日農平均価格は1キロ439円と前年並み
  • 輸入物の在庫が潤沢で国産の販売に水を差している
  • 年内は輸入物、年明け以降は国産という販売のすみ分けが崩れた
  • 国産が最盛期の2月まで輸入物が残る予想で今後も厳しい販売が続く

もう夢も希望もないような内容が続くのである。。。

そして真に残念なのだが国産のキウイよりニュージーランド産のキウイの方が美味しくて安いのである。

そして上記の記事の締めくくりとして

  • 首都圏のスーパーは輸入物を売り場の中心に並べている
  • 価格はNZ産が1個89円、国産1個99円と1割安く設定
  • 輸入物の1月の本格販売は今年が初めてだが、売れ行きは良いといい、「NZ産は1年で長い期間販売されており、消費者の知名度が高い」と分析する。

やはりキウイに国産神話は通用せず、売り場は輸入物を中心に作られ、値段も安くCMでお馴染みのキウイが売れているようである。

TPPでキウイってどうなっちゃうのよ?

2018年12月30日 米国を除く11カ国による環太平洋連携協定(TPP11)発効されました。

TPP11 あす発効 業者は輸入拡大姿勢 ブドウ、キウイ注目
【日本農業新聞】

https://www.agrinews.co.jp/p46281.html

上記2018年の12月29日の日本農業新聞の記事だ。キウイフルーツの輸入の9割を占めるニュージーランド産に掛かっていた6.4%の関税が発効次第即時無くなりました!

具体的な影響は、小売りでは同国産1個(約100グラム)100円が約6円安く出回る可能性がある。

と、まとめています。キウイフルーツもブドウに次ぐ影響を受ける果物として、非常に注目が集まっています。そしてブドウと違ってキウイの弱いところは国産が貧弱なところ。そしてキウイは非常に日持ちするので鮮度のアドバンテージがアピールできないところですね。

この状況を打開するにはやはり。食味ですね。

品種の改良栽培技術の蓄積という王道しかないと思います。

とにかく私が扱っている国産キウイもそんなに美味しくないのに高い。

これほんとに良くないです。

-今日あった野菜の話, 野菜と農業のニュース

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

種子法廃止って結局なんなんだよ?自家採種禁止?モンサントの陰謀?売国TPPか?→簡単にまとめました

Contents1 まずは簡単に種子法とは2 種子法がなくなるとどうなるか予想してみた3 え!じゃあ公共のものだったコメの品種はどうなんの?4 噂で聞いたけどモンサント社が黒幕なんやろ?5 自家採種禁 …

【特別栽培農産物】え!?節減対象農薬不使用って農薬使ってないんじゃないの?→簡単にまとめました

有機野菜と表示するには手間がかかる、無農薬と表示すると罰則金。そんなすき間を埋めるマニアックな「特別栽培農産物」の表示です。 Contents1 まず特別栽培農産物とは2 節減対象農薬不使用と農薬不使 …

【タキイ種苗の大迷走】2018年 平成最後の野菜総括メッタ切り

Contents1 謎だらけのアンケート2 世界有数の種会社は種で振り返れ3 平成を振り返る野菜エピソードは面白い 謎だらけのアンケート まず題名がヒドい 平成最後の節目の年に「野菜」を振り返る タキ …

あなたが買ったそのほうれん草、だれかが辛い思いをしているかもしれない理由

Contents1 豊作貧乏極まり2 ほうれん草ってめちゃめちゃ数が売れるんです3 公正な競争4 市場原理は万能ではない5 まとめ 豊作貧乏極まり 2018-2019年の冬はだれに聞いても暖冬だったと …

【スーパー毎年恒例クレーム】さといもが腐っててカビ生えてた

Contents1 毎年一度はサトイモにカビが生えたとクレームで返品になります2 まず、非常に分かり辛い。3 スプーンでほじってみた。4 結局1/4くらいは腐っていた 毎年一度はサトイモにカビが生えた …

【プロフィール】

【プロフィール】

野菜ジャーナリスト、野菜占い師、古物商。
その他ひょうたんの栽培加工販売、野外フェス等へのオリジナル料理「コブラ巻」の出店、顔出し看板の作成、Earth,wind & COBRAでのファンクボーカルなどなどなど精力的に活動している。