今日あった野菜の話

1番売れない野菜…それは「からし菜」

投稿日:

全長50cmはあるからし菜(紫高菜)霜で茎がボロボロになっている。

なぜこんなに売れないのか、からし菜よ。

写真のからし菜は2袋分である。全長50cmはある。重さは1kgはあるだろう。

茎は霜にあたりボロボロだが2束で158円。半額にして2束で78円でも売れない。

生産者による作付けは、家庭菜園レベルだと比較的よく見る品種だ。

種からは和からしが作れるし、菜っ葉は塩漬けや醤油漬けにするとシャキシャキとした歯ごたえと、独特の風味があり非常に美味しい。

郷土料理「めはり寿司」でも使われる

奈良県の南、吉野郡の中でも南の方や三重県の熊野地方の郷土料理「めはり寿司」はご存じだろうか。

目を張る程大きい白飯の塊を、高菜の浅漬けで包んだものだ。

高菜以外でも奈良県の伝統野菜下北春真菜など、大き目な葉の漬菜が使われる。

大きな白米おむすびを1枚の漬物で巻いただけの簡素で質素でミニマリズムの塊の弁当だ。

きっと昔はめはり寿司を弁当に持って山仕事や畑仕事などをしていたのだろう。

しかし、やはり観光に来たときには吉野では柿の葉寿司朴の葉寿司が食べたいし、熊野や新宮ではさんま寿司が食べたいのである。

めはり寿司はではちょっとだけ弱い。ここでもからし菜は負けた。

呼び名が統一されていない

消費者目線でからし菜を見ると、呼び名が複数あるのはやはり混乱を招く。

からし菜、たか菜、紫高菜、マスタード、葉からし菜、黄高菜。。。。。

特色ある地域ごとの文化も大切だが、固定種の保存の方でそういう文化的な事はやってもらって、経済的な側面は呼び名を統一した方が絶対いい。

昨今とんこつラーメン専門店でよく見かける辛子高菜の人気にあやかって名前は「たか菜」で統一した方がいい。

とんこつラーメン屋の辛子高菜の漬物とご飯は合う!もっと流行っていい!

各種苗会社の種パッケージ集めてみた

からし菜(紫高菜)の種の袋を集めてみました

平安時代に海を渡って日本へ伝わったらしく、地味な人気も相まってか各地方でいろいろな種類の種がありました。

名前も作物も曖昧な、ぼんやりとした印象です。

最後に究極のレシピ

やはりからし菜はピリ辛な辛子高菜漬けが美味しい。

  • からし菜の重さの5%の塩で下漬け
  • 3日後取り出し軽く絞る
  • 刻み鷹の爪と一味唐辛子粉、塩適量で本漬け
  • 冷蔵庫で保管しながら必要分だけ取り出し切って食べる

簡単シンプルなレシピなのに飽きがこない美味しさだ

-今日あった野菜の話

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

【時短】がキーワードなんだって!-めんどくさがり屋な消費者を狙う-

–日本農業新聞より–時短需要に商機あり 国内最大級 流通業向け展示会 https://www.agrinews.co.jp/p46732.html?page=2 今日の日本農業 …

富有柿と冬柿

Contents1 富有柿(ふゆがき)発音は「ふゆぅがき」2 永遠のB級感 昭和レトロ感 庭先感3 冬柿 – 英語で書くとHUYU-KAKI – 富有柿(ふゆがき)発音は「ふゆ …

【葉物野菜】とう立ちした野菜は出荷して良いのか【大人の事情】

立春に出荷された大根に花芽がついていた 大根に付いた極めて小さい蕾 ここ近畿では立春が過ぎた頃に花芽が付き始める事が多い。 今年も2月5日に出荷された大根の葉の根元をかき分けて覗いてみると、かなり小さ …

【新規就農 大根生産農家】と口論になった話

理由あり商品にもならなかった大根 Contents1 今年は大根が安い2 就農5年目くらいの兼業農家さん3 出荷前の電話4 野菜の価値を決めるバランス5 選別6 大根の評価は難しい 今年は大根が安い …

ターサイ?タアサイ?ターツァイ?→ 【新名】 ミステリーサークルにしよう!

数年前の2月の話。前日に粉雪が降った吉野川沿いの畑に、優しいと評判の農家のおじさんと突っ立って風に吹かれながら話をしていた。 ひとしきり寒いだの、天気が異常気象だの、値段が安いだの業界の挨拶程度の話を …

【プロフィール】

【プロフィール】

野菜ジャーナリスト、野菜占い師、古物商。
その他ひょうたんの栽培加工販売、野外フェス等へのオリジナル料理「コブラ巻」の出店、顔出し看板の作成、Earth,wind & COBRAでのファンクボーカルなどなどなど精力的に活動している。