今日あった野菜の話

【蕪とスーパーカブ】昔からあるバイク屋は大概愛想が悪い。しかしもう潰れただろうと思ってストリートビューを見てもまだある。

投稿日:2016年12月28日 更新日:


なんとなく売れ行きが年々減り続けるカブ 売るのもなんとなく難しい

カブの葉が黄色く変色してしまい売り物にならず貰ってきた。

カブは葉付き販売が基本だが折れやすく、変色しやすい。特に袋に入れていないと半日で萎れるし、茎がポキポキと折れる。玉の部分も張りが無くなり消しゴムみたいなさわり心地になる。茎を落とした見切り品のカブは売れない。

昔からあるバイク屋は愛想が悪い(偏見です)

高校を卒業して大学に入るときに地元分倍河原駅の南側、鎌倉街道沿いにある昔からある角のバイク屋で通学用にスーパーカブを母に買ってもらった。昔からあるバイク屋というのは、大抵は初めての客には愛想が悪い悪すぎる。その店も愛想が悪く、非常に悪い印象しかない。

当時は90年代でインターネットはまだ一般的ではなく、情報は雑誌とテレビから得る時代だった。場合によっては図書館に行って調べごとなど今では気の遠くなるような時間をかけて情報を得ていた。

スーパーカブのカスタム車両に、「スーパーカブラ」というロゴの入ったものを雑誌で見たとは一体なんの事かさっぱり分からなかった。

バイクなのに蕪(カブラ)?コブラ由来?カプラー?カブだ??

今さっきググったら一瞬にして謎はとけたが、どうやら公式の後付けカスタムパーツらしい。後ろから見たシルエットから蕪(カブラ)とかけてのネーミングだそうだ。

やはりカブは漬けものだ 漬物の申し子カブ

前置きは長くなったが今日はカブラの話だ。

カブはやはり漬けものが一番だ。毎年、奈良県の御所JA婦人会のカブの甘酢漬けを頂くのだが、これがまたベーシックな味で丁度いい塩梅とはこの事かと思う。昆布と甘酢でうま味があり、鷹の爪でアクセントを付けている。

これに少しでもいいので茎を一緒に漬けこんで歯ごたえのアクセントもあったら更にいいと思う。カブの柔らかく緻密な歯ごたえと、漬けてもシャキシャキ感のあるカブの葉は見事にマッチしている。

もうなんでも柔らかくしてサラダって名前付けたらいいじゃん

今年はサラダカブの出荷がいきなり増えた。品種はもものすけ。南都種苗。

最近の、なんでもサラダって名付けたら若者受けがいいんだろ的な流れは嫌いではないのでジャンジャン売っていきたい。なりふり構っていられないのだ。

カブは漬け物で使うのが一番消費量が多いのだろうが、漬け物はやはり手間暇がかかりハードルが高い。サラダはその点、洗って切ってドレッシングをかけるだけでいいので簡単だ。若者の漬け物離れはそりゃそうだろと思う。面倒だし、時間がない。サラダならなんとか食べてくれる。サラダカブは赤くて見栄えもいい。

皮に切れ込みを入れたら手でも剥けます!って宣伝を見て、チャレンジしてみたが僕は手で剥けなかった。実演販売で流れる様に喋りカットしていくスライサーが、家に帰ってきたら全くできなかった気分だが悪い気はしない。

これがいい。試してみたくなるじゃん。うまいなー南都種苗。

-今日あった野菜の話
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

1番売れない野菜…それは「からし菜」

全長50cmはあるからし菜(紫高菜)霜で茎がボロボロになっている。 Contents0.1 なぜこんなに売れないのか、からし菜よ。0.2 郷土料理「めはり寿司」でも使われる1 呼び名が統一されていない …

no image

【時短】がキーワードなんだって!-めんどくさがり屋な消費者を狙う-

–日本農業新聞より–時短需要に商機あり 国内最大級 流通業向け展示会 https://www.agrinews.co.jp/p46732.html?page=2 今日の日本農業 …

【予言】菊芋は50年後のお節に入っている【子宝・子孫繁栄】 ゆるキャラの犬りん★

Contents1 要注意外来生物リストにロックオンされております2 繁殖力と移民受け入れ 血統主義3 機能性食品としての道 そして国民食へ~ 要注意外来生物リストにロックオンされております 先日菊芋 …

ゼスプリゴールドガールよ何処へ

Contents1 ついにキウイフルーツの出荷が始まった2 キウイの思い出3 王者ゼスプリゴールドキウイ ついにキウイフルーツの出荷が始まった キウイフルーツの出荷が始まるとまた冬が来たなと思う。11 …

【葉物野菜】とう立ちした野菜は出荷して良いのか【大人の事情】

立春に出荷された大根に花芽がついていた 大根に付いた極めて小さい蕾 ここ近畿では立春が過ぎた頃に花芽が付き始める事が多い。 今年も2月5日に出荷された大根の葉の根元をかき分けて覗いてみると、かなり小さ …

【プロフィール】

【プロフィール】

野菜ジャーナリスト、野菜占い師、古物商。
その他ひょうたんの栽培加工販売、野外フェス等へのオリジナル料理「コブラ巻」の出店、顔出し看板の作成、Earth,wind & COBRAでのファンクボーカルなどなどなど精力的に活動している。