今日あった野菜の話

富有柿と冬柿

投稿日:2016年12月12日 更新日:


富有柿(ふゆがき)発音は「ふゆぅがき」

言わずと知れた柿の代名詞であり絶対的王者。
ちなみに亀田の柿の種は富有柿の種のことではない。
筆柿の種が非常に近いので食べたら種を取っておいて確認して欲しい。
年の瀬が迫る12月の初旬で収穫を終える農家がほとんどで、収穫も最後の最後になるとこんな傷だらけで小ぶりな格安の柿が出回る。肥大化する夏頃にカメムシに吸われた凹みや、炭疽病の黒いシミでボコボコだ。
20kgで1500円前後、大体80~100玉くらいは入っている。
しかし、霜にあたり、真っ赤になった果皮と果肉のものは味が乗っていて非常に美味しい。柿の好みでパリッっとした食感が好きな人とソフトな口当たりが好きな人で分かれるが、真っ赤に熟したパリッっと食感の期間は本当に短い。1日もすればすぐにトロトロになってしまう。
12月が寒いとみかんが良く売れる傾向が強く、逆に暖かいと富有柿が良く売れると昔から言う。実際のところは食べるときに包丁を使う果物が敬遠される傾向が強い。手でむけるみかんはまずまずの売れ行きだが、柿の売れ行きは年々少なくなってきている気がする。
別の系統に種無し(核無し)柿もあるが今回は触れないで置こう。
種無し柿が出回る9月終盤から一ヶ月くらいの間に機会があれば是非話題をいじくりたい。

永遠のB級感 昭和レトロ感 庭先感

柿というのは不思議だ。
ジュースが存在しない。
風味がほぼ無い。
食感と甘みでほぼ成り立っている。
故に1.5軍的な扱いを受けることしばしば、他に1軍と2軍を行ったり来たりしている果物を挙げるとイチジクではないか。
完全なる偏見なのは承知で言うが二軍はざくろ、あけび、ビワ。
話は逸れたが昔は江戸時代初め頃は柿と言えば渋柿しかなく、甘柿は存在していなかった。
奈良県御所市で突然変異で甘柿である御所柿(ごしょがき)が生まれ世界中に広まったのが日本が誇る『KAKI』である。

柿食へば鐘が鳴るなり法隆寺

この御所柿のことだ。
甘柿登場以前の渋柿は干し柿にしてほぼ消費されていたのだろう。
その他は柿渋や柿酢にもなる半分は有用植物だった。
だから庭先に植えられ身近な果物として日本の文化として根付いている。
「柿ドロボー」っと言ったら昭和の秋の風物詩である。

冬柿 – 英語で書くとHUYU-KAKI –

富有(ふゆう)と冬(ふゆ)を間違えて覚えている人も多いのではないか。
この規格外品の富有柿の山を見ると今年も終わりだなぁとしみじみする。

-今日あった野菜の話
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

春の足音のような葉玉ねぎ

太陽の塔と葉玉ねぎのコラボ Contents1 発音は【はぁ:たまねぎ】関西圏調べ2 出荷期間中に進化していく3 葉付き新タマネギ4 スーパーでは一般的ではない5 直売所の魅力が詰まった葉玉ねぎ 発音 …

ブロッコリーvsカリフラワー戦争★現在ブロッコリーが優勢の様子

Contents1 ハイスクールカリフラワーイヤーor Dumpling?2 家の隣がカリフラワー農家3 ウェルカム新品種 ハイスクールカリフラワーイヤーor Dumpling? 高校が体育の盛んな学 …

1番売れない野菜…それは「からし菜」

全長50cmはあるからし菜(紫高菜)霜で茎がボロボロになっている。 Contents0.1 なぜこんなに売れないのか、からし菜よ。0.2 郷土料理「めはり寿司」でも使われる1 呼び名が統一されていない …

【新規就農 大根生産農家】と口論になった話

理由あり商品にもならなかった大根 Contents1 今年は大根が安い2 就農5年目くらいの兼業農家さん3 出荷前の電話4 野菜の価値を決めるバランス5 選別6 大根の評価は難しい 今年は大根が安い …

お節料理【芽が出る】はカイワレ大根スポンジごとinに★くわいはQuietで天下泰平

3年越しのくわいをようやく貰えた 3年越しにようやく、くわいを農家のおばちゃんから貰った。 生産物の集荷に行くと必ず缶コーヒーをくれるおばちゃんがいる。他にもできそこないのペコロスの様な玉ねぎを20k …

【プロフィール】

【プロフィール】

野菜ジャーナリスト、野菜占い師、古物商。
その他ひょうたんの栽培加工販売、野外フェス等へのオリジナル料理「コブラ巻」の出店、顔出し看板の作成、Earth,wind & COBRAでのファンクボーカルなどなどなど精力的に活動している。