今日あった野菜の話

春の足音のような葉玉ねぎ

投稿日:

太陽の塔と葉玉ねぎのコラボ

発音は【はぁ:たまねぎ】関西圏調べ

葉玉ねぎを知らない方になんと説明したらよいか少し悩んだ。

玉ねぎは球根の部分を食べる野菜だ。
しかし葉玉ねぎは球根の部分が大きくなる成長段階で収穫してしまい、同時に葉っぱの部分も食べてしまおうという画期的な野菜だ。

一粒で二度おいしいというか、二兎追うものは一兎も得ずというか、まぁそんな感じの野菜だ。

球根部分が大きくなっていく一方、葉は日に日にボリユームがなくなってくる。
葉の栄養も球根部に蓄えて子孫繁栄に備えようとしている訳だ。

出荷期間中に進化していく

出荷初期の頃の球根部分

写真の様に出荷初期段階では球根部分がほぼ大きくなっていないのだが、徐々に大きくなり、最後の方では葉付きの新玉ねぎと言った方がよいくらいになる。

そんな品目は他には見当たらない。

葉付き新タマネギ

玉ねぎは、好きな野菜ランキングで常に上位に入る。
家庭菜園でも恐らく作付け人気ナンバーワンではないか。
料理の応用範囲が広く、保存がきく。

出荷後半の球根が大きくなってきたら、販売する時も『葉玉ねぎ』というよりも、『葉付き新玉ねぎ』として販売した方がよく売れる。

スーパーでは一般的ではない

って思い込んで、お客さんに接客の時も言っていたが、市場流通でも葉玉ねぎあるそうです。千葉県長生郡の特産『ながいき葉玉』。
検索してもあまり出てこないので、そんなに生産力があるとは言えなそう。
twitterのファミリー丸岡さんというスーパーより引用してます

直売所の魅力が詰まった葉玉ねぎ

葉玉ねぎには何とも言えない泥臭さと、野暮ったさがある。

春の訪れを告げる葉玉ねぎ、季節が春めいて来るに従いどんどんと大きくなっていく。

直売所に行かなければ会えない!それが葉玉ねぎだ!

-今日あった野菜の話

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

ちぢみ小松菜 夏は縮まない困ったな

Contents1 本日の題名、気付いた方もいたと思うがダジャレである。2 【大寒】かなり縮んでまいりました3 ちぢみほうれん草徒然4 夏の日のちぢみ小松菜5 日本を席巻した小松川旋風 本日の題名、気 …

no image

インゲンは老人の食べ物

山盛りのいんげん Contents1 わたくし、インゲンを侮っていました。2 売れる 単価も高い 日持ちもする。3 インゲン サイトウ サンドマメ わたくし、インゲンを侮っていました。 全くの主観だが …

ゼスプリゴールドガールよ何処へ

Contents1 ついにキウイフルーツの出荷が始まった2 キウイの思い出3 王者ゼスプリゴールドキウイ ついにキウイフルーツの出荷が始まった キウイフルーツの出荷が始まるとまた冬が来たなと思う。11 …

no image

【時短】がキーワードなんだって!-めんどくさがり屋な消費者を狙う-

–日本農業新聞より–時短需要に商機あり 国内最大級 流通業向け展示会 https://www.agrinews.co.jp/p46732.html?page=2 今日の日本農業 …

【京野菜】壬生菜が売れない。

壬生菜300g超 何をやっても売れないのでそういうもんだと思ってます 壬生菜。 言わずと知れた京野菜の雄。 壬生と言えば『壬生義士伝』を思い浮かべてしまい、義理と人情に思いを馳せてしまう。 しかし残念 …

【プロフィール】

【プロフィール】

野菜ジャーナリスト、野菜占い師、古物商。
その他ひょうたんの栽培加工販売、野外フェス等へのオリジナル料理「コブラ巻」の出店、顔出し看板の作成、Earth,wind & COBRAでのファンクボーカルなどなどなど精力的に活動している。