今日あった野菜の話

春の足音のような葉玉ねぎ

投稿日:

太陽の塔と葉玉ねぎのコラボ

発音は【はぁ:たまねぎ】関西圏調べ

葉玉ねぎを知らない方になんと説明したらよいか少し悩んだ。

玉ねぎは球根の部分を食べる野菜だ。
しかし葉玉ねぎは球根の部分が大きくなる成長段階で収穫してしまい、同時に葉っぱの部分も食べてしまおうという画期的な野菜だ。

一粒で二度おいしいというか、二兎追うものは一兎も得ずというか、まぁそんな感じの野菜だ。

球根部分が大きくなっていく一方、葉は日に日にボリユームがなくなってくる。
葉の栄養も球根部に蓄えて子孫繁栄に備えようとしている訳だ。

出荷期間中に進化していく

出荷初期の頃の球根部分

写真の様に出荷初期段階では球根部分がほぼ大きくなっていないのだが、徐々に大きくなり、最後の方では葉付きの新玉ねぎと言った方がよいくらいになる。

そんな品目は他には見当たらない。

葉付き新タマネギ

玉ねぎは、好きな野菜ランキングで常に上位に入る。
家庭菜園でも恐らく作付け人気ナンバーワンではないか。
料理の応用範囲が広く、保存がきく。

出荷後半の球根が大きくなってきたら、販売する時も『葉玉ねぎ』というよりも、『葉付き新玉ねぎ』として販売した方がよく売れる。

スーパーでは一般的ではない

って思い込んで、お客さんに接客の時も言っていたが、市場流通でも葉玉ねぎあるそうです。千葉県長生郡の特産『ながいき葉玉』。
検索してもあまり出てこないので、そんなに生産力があるとは言えなそう。
twitterのファミリー丸岡さんというスーパーより引用してます

直売所の魅力が詰まった葉玉ねぎ

葉玉ねぎには何とも言えない泥臭さと、野暮ったさがある。

春の訪れを告げる葉玉ねぎ、季節が春めいて来るに従いどんどんと大きくなっていく。

直売所に行かなければ会えない!それが葉玉ねぎだ!

-今日あった野菜の話

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

真竹(マダケ)と淡竹(ハチク)の見分け方が微妙過ぎる

Contents1 毎年繰り広げられるタケノコ談義2 千葉の友人のSNSへの投稿3 不安。。まさか、、、、4 そして知の結集グーグル先生へ 毎年繰り広げられるタケノコ談義 6月に入り気温も湿度も上がる …

ゼスプリゴールドガールよ何処へ

Contents1 ついにキウイフルーツの出荷が始まった2 キウイの思い出3 王者ゼスプリゴールドキウイ ついにキウイフルーツの出荷が始まった キウイフルーツの出荷が始まるとまた冬が来たなと思う。11 …

ターサイ?タアサイ?ターツァイ?→ 【新名】 ミステリーサークルにしよう!

数年前の2月の話。前日に粉雪が降った吉野川沿いの畑に、優しいと評判の農家のおじさんと突っ立って風に吹かれながら話をしていた。 ひとしきり寒いだの、天気が異常気象だの、値段が安いだの業界の挨拶程度の話を …

【特別栽培農産物】え!?節減対象農薬不使用って農薬使ってないんじゃないの?→簡単にまとめました

有機野菜と表示するには手間がかかる、無農薬と表示すると罰則金。そんなすき間を埋めるマニアックな「特別栽培農産物」の表示です。 Contents1 まず特別栽培農産物とは2 節減対象農薬不使用と農薬不使 …

緑のジャガイモって毒なんです。一口食べると明らかに分かるくらい毒です。

直射日光下はNGなジャガイモ。ダメ!絶対! Contents1 ジャガイモは光に当てたら絶対ダメ2 せっかく配送&納品時に新聞を掛けておいてもめくる奴多発3 気になるお味は…??4 キンキンに 冷やし …

【プロフィール】

【プロフィール】

野菜ジャーナリスト、野菜占い師、古物商。
その他ひょうたんの栽培加工販売、野外フェス等へのオリジナル料理「コブラ巻」の出店、顔出し看板の作成、Earth,wind & COBRAでのファンクボーカルなどなどなど精力的に活動している。