今日あった野菜の話

【今夜決着】ハクサイの玉売りは鉢巻か袋入りか論争

投稿日:

ズルケたハクサイ

消えゆく裸文化

昔のイメージからすると、ハクサイと大根は特に裸で丸のまま売っていたものだ。
今でも大根はスーパーなどの最先端な野菜売り場でもバリバリの裸だ。

大根以外のほぼ丸出しの裸族キャベツくらいか。

アスパラガスやブロッコリーも売り場では裸だが、キチンと透明の袋が横に設置されていて、買う人はセルフでビニール袋に入れて入れていく。

果物は除外すると、三大裸族は大根、キャベツ、ハクサイか。
揃って大きくて重い重量級がそろった。

しかし時代の流れとともにハクサイはカット売りが主流になってきた。
玉売りは少数派になり、フィルムが巻かれて1/2や1/4カットで売られている。
あのカット白菜も必要な分だけ少量買うなら非常に利便性が良い

キャベツも春キャベツや、外葉のなくなった、本当の裸キャベツはラップがかけられている事も多い。

そうなるとやはり最後に残る裸族は大根か。

最近直売所などではかなりの高確率で大根も袋入で販売されているが、市場を通した流通経路からだと裸が主流だ。

防曇袋とプラマーク

防曇(ぼうどん)袋をご存じだろうか。

野菜などの新鮮な野菜は、活発に呼吸をしているので、水蒸気を常に発している。
そのため普通の透明のポリ袋に入れてしまうと、アッという間に結露ができて中が見えなくなってしまう。

それを曇らせないように、特殊な処理をされた袋が防曇袋なのだ!!
防曇袋はほぼすべての野菜の包装に使われていて、完全に透明で手触りがパリパリとした感じがする。
そして伸縮性が無いので重い物を入れると破けてしまう事が多い。

しかしこの防曇袋、素材がプラスチックに分類されるので「プラ」マークが隅っこに入っている。

昨今ではマイクロプラスチックの問題が発端で、プラスチックの使用に限界を感じる。
欧州ではプラスチックのストローが使用禁止になったのは昨年のニュースか。

ストローがだめなら、野菜の包装用フィルムも先細りな世の中になりそうです。

なぜハクサイに包装が必要なのか

ハクサイは柔らかい可食部の外側に、外敵から身を守る「外葉」がついている。
その外葉が時には害虫から身を守り、が降りたら凍らないようにしているんです。

しかし栽培期間が長くなるにつれ、外葉もボロボロになり、やがて無くなってしまいます。
外葉が無くなったハクサイとは霜に当たりまくっている絶品のハクサイなんです!
特に、中心部の芯に近い方はかなり美味しいです。

そんな絶品のハクサイを玉のまま売り場に陳列する時、裸のままだと外葉の丈夫な葉が無いとハクサイは、すぐに傷だらけになってしまいます。

そんな状況の時、ハクサイに包装が必要になってきます。

陳列の時に他の玉と擦れたり、 お客さんが重さを比べるのに持ったり、レジかごに入れたときに傷が入ったりと、外葉のないハクサイの包装はかなり重要なポイントになります。

【今夜決定】ハクサイの包装法

無数に穴が空いたポリシートで巻いた外葉無しハクサイ
  • プラマークなし
  • 多少の伸縮性と強度
  • なるべく蒸れない

この三点から導き出したのが「 無数に穴が空いたポリシートで巻く 」です!

丈夫な外葉があるハクサイは野菜テープ(タバネラテープ)などで鉢巻にすればいいだけなのですが、やはり柔らかい可食部丸出しの場合は、これが今のところの答えでした。

-今日あった野菜の話

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【京野菜】壬生菜が売れない。

壬生菜300g超 何をやっても売れないのでそういうもんだと思ってます 壬生菜。 言わずと知れた京野菜の雄。 壬生と言えば『壬生義士伝』を思い浮かべてしまい、義理と人情に思いを馳せてしまう。 しかし残念 …

種子法廃止って結局なんなんだよ?自家採種禁止?モンサントの陰謀?売国TPPか?→簡単にまとめました

Contents1 まずは簡単に種子法とは2 種子法がなくなるとどうなるか予想してみた3 え!じゃあ公共のものだったコメの品種はどうなんの?4 噂で聞いたけどモンサント社が黒幕なんやろ?5 自家採種禁 …

【農家の伝統裏メニュー】菜花ってそもそも花って食べれるの?

Contents1 【ら抜き言葉】食べれます!食べられます!2 菜の花と食用にする菜花の違い3 花が開いたら不良品ってルールやめない?4 実は菜花は各地で伝統野菜だった5 スーパーで千葉県伝統体操の「 …

富有柿と冬柿

Contents1 富有柿(ふゆがき)発音は「ふゆぅがき」2 永遠のB級感 昭和レトロ感 庭先感3 冬柿 – 英語で書くとHUYU-KAKI – 富有柿(ふゆがき)発音は「ふゆ …

【2019年】国産キウイフルーツが全く売れない-TPPで関税ゼロ!

Contents1 年が明けて1月 国産キウイの出荷が始まる2 今年はニュージーランド産が前代未聞の輸入量だった!知らなかった!3 TPPでキウイってどうなっちゃうのよ? 年が明けて1月 国産キウイの …

【プロフィール】

【プロフィール】

野菜ジャーナリスト、野菜占い師、古物商。
その他ひょうたんの栽培加工販売、野外フェス等へのオリジナル料理「コブラ巻」の出店、顔出し看板の作成、Earth,wind & COBRAでのファンクボーカルなどなどなど精力的に活動している。