今日あった野菜の話

【新規就農 大根生産農家】と口論になった話

投稿日:2019年2月2日 更新日:

理由あり商品にもならなかった大根

今年は大根が安い

2018-2019年冬の大根は例年に比べて安い
理由は秋から冬にかけて気候がよく生育が良いのだ。

相場が高くて大根の出荷量も少ない年は取り合いになるのだが、今年のように出荷も多くて、値段も安いと大型野菜の為に場所もとるし、運ぶのも重いしで疎まれる存在になっていく。

先日も理由あり大根として出荷されてきた上の画像。
聖護院大根と普通の青首大根だが、あまりにも酷く、商品にならない物は返却した。

返品の旨を伝えるのに電話すると、よく言われるのが「ほかしといてくれぇ~」だが、昨今は捨てるのでさえ有料なので、申し訳ないが次の集荷のときに持って行き返却している。

就農5年目くらいの兼業農家さん

今日のはなしは、営業職から脱サラした、40代後半の就農して今年で5年目くらいの生産農家さん。
まだ専業農家としては食べれていないらしく、バイトと農業の掛け持ち生活だという。

昨年、一昨年と1月半ば以降、真冬の大根出荷を依頼していて、今年で3シーズン目の出荷になる。
しかし去年は水害で全滅、一昨年も*ヒゲ根がメチャクチャある大根で驚いた。

とにかく、前段階で全く良いイメージは全くない
その3年目の集大成。なにかが起こりそうな予感がする。

*大根の肌から出る細い根っこ。大根のお尻から出ている尻尾の根ではない

出荷前の電話

出荷前の電話で、今年の大根の出来を尋ねるも
抜いてないからまだ分からん」と。。。
生育見るのに試しに抜いてみたりとかしてないのだろうか。

話を進めると、初出荷の時に100本くらい抜いてみて、生育状況をそれで把握して、そのまま出荷しようという算段だった。

しかし、値段に関してはこだわりがある様で、かなり強気
今年は相場は安いが、付加価値を付けるために透明な袋にも入れて、シールも貼るのでと言うこともあり、前段階での大よその値段は1.5㎏以上は*120円、1.5㎏以下は裸で90~60円でとまとまった。

*大根仕入120円だと店頭価格200円くらい 。今年の冬は店頭価格L寸100~150円くらいと安い 。
*最近は大根でも野菜用の透明袋に入れる事が多くなってきている。一枚5~7円する。
袋に入れると肌から水分の蒸発が抑えられ鮮度を保てるのと、肌に傷が付き辛い。

野菜の価値を決めるバランス

そして本日。
昼過ぎくらいに軽トラで現れ、早速積荷を覗いてみると・・・

大方の予想通り酷い出来だった。

肌はボコボコと汚いし、黒いゴマの様なシミが無数にある。
値段は成り行きで良い出荷物なら、理由あり商品や、特売品にしたらいい。
しかし強気な価格に釣り合うような、高値で取引される付加価値の付いた大根ではなさそうだった。

この時期の大根の場合、有機栽培だろうが、自然農であろうが、良い土壌で作られたなら真っ直ぐなストレスの無い甘味のあるものができる。
肌の汚いものができるのは何かしら問題がある。

美味しくて、見た目も食欲が湧き、安心安全、そして価格。
この4つのバラメーターのバランスが重要だ。

付加価値を付けて価格を上げたいなら、他のバロメーターを上げなくてはバランスの悪い商品になってしまい、結局は売れない。

選別

凍ってしまった大根。自然に解凍しても皮がズルケる。

買取金額と商品にかなりズレがあると伝えると、納得いかない様子。

「作ってくれと言われたから作ったのに!」
「そんなんなら作るんじゃなかった!」

1.5㎏以上の規格の中に明らかに小ぶりな大根を発見し、目方を計測してみると1.4㎏と100g程足らず。

他にも大傷を隠すかのように刃物で皮をえぐった様な大根まで発見。

大根の評価は難しい

電話で大根は重量で語られる事が多い。

信頼できる生産者ならスムーズにいくが、要注意生産者だと現物を見ないと特に大根は難しい。

長さ、重さは良くても曲がりや、凍傷によるズルケ、肌の綺麗さ、色、スが入っていないか、などチェックする項目が他の野菜に比べると多い

裸で出荷されて来ることも多く、傷つきやすいし、ヒビも入るし、折れたりもする。

重いし、蒸発する水分で段ボールが柔らかくなって崩れたりもする。
段ボール内に2段重ねに入れてあるが、目が届かない下の段は1ランク下の大根を忍ばせてくる冗談のような不届き者までいる。

スーパーなどへ搬入後も、大きいから場所も取るし、その割に安いし。

やっぱり大根は苦手だわ

-今日あった野菜の話

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

ブロッコリーvsカリフラワー戦争★現在ブロッコリーが優勢の様子

Contents1 ハイスクールカリフラワーイヤーor Dumpling?2 家の隣がカリフラワー農家3 ウェルカム新品種 ハイスクールカリフラワーイヤーor Dumpling? 高校が体育の盛んな学 …

【2019年】国産キウイフルーツが全く売れない-TPPで関税ゼロ!

Contents1 年が明けて1月 国産キウイの出荷が始まる2 今年はニュージーランド産が前代未聞の輸入量だった!知らなかった!3 TPPでキウイってどうなっちゃうのよ? 年が明けて1月 国産キウイの …

冬瓜(とうがん)は実際に冬までもつのか本当に試してみた

【特別栽培農産物】え!?節減対象農薬不使用って農薬使ってないんじゃないの?→簡単にまとめました

有機野菜と表示するには手間がかかる、無農薬と表示すると罰則金。そんなすき間を埋めるマニアックな「特別栽培農産物」の表示です。 Contents1 まず特別栽培農産物とは2 節減対象農薬不使用と農薬不使 …

春の足音のような葉玉ねぎ

太陽の塔と葉玉ねぎのコラボ Contents1 発音は【はぁ:たまねぎ】関西圏調べ2 出荷期間中に進化していく3 葉付き新タマネギ4 スーパーでは一般的ではない5 直売所の魅力が詰まった葉玉ねぎ 発音 …

【プロフィール】

【プロフィール】

野菜ジャーナリスト、野菜占い師、古物商。
その他ひょうたんの栽培加工販売、野外フェス等へのオリジナル料理「コブラ巻」の出店、顔出し看板の作成、Earth,wind & COBRAでのファンクボーカルなどなどなど精力的に活動している。