今日あった野菜の話

ブロッコリーvsカリフラワー戦争★現在ブロッコリーが優勢の様子

投稿日:


ハイスクールカリフラワーイヤーor Dumpling?

高校が体育の盛んな学校だったこともあり、柔道部のでかい奴がゴロゴロいるような環境だった。みんな頭は坊主で眉毛が細く、耳はカリフラワーイヤーだった。

奄美大島で一緒に釣りをした見知らぬレスリング部の高校生も耳はカリフラワーだった。

余談だが、プロレスラーのスタイナーブラザーズのイヤーガードに、レスリングタイツのスタイルは凄くカッコいいとおもう。

寝技の練習が多いと摩れてカリフラワーイヤーになるのかな?空手部剣道部とか他の武道系はなってなかったから寝技が原因なんだと推測する。

私は使った事がない言葉て餃子耳とも言うそうだ。餃子は英語でdumplingだと思っていたが、肉団子という意味らしい。英語生活圏の人は餃子も肉団子も同じ様なモンなんだろうね。餃子はgyoza。

家の隣がカリフラワー農家

毎年冬の寒い季節になると、実家の隣の2反ほどの畑でカリフラワーを栽培していたのだけは記憶にある。東京都の品評会で最優秀賞を受賞したカリフラワーだと聞いたから記憶にあるのだ。30年ほど前のことだ。

実家の隣の畑に面して建っていた、2階建ての物置小屋の2階で水道を出しっ放しにしてしまった事があった。畑側から見上げると、物置小屋の1階の屋根のひさしからツララが何本も垂れ下がっていたのを鮮明に覚えている。あれは驚いた。

当時は東京の平野部でも年に数回は外の水道は凍結し、霜柱ができ、つららもできた。

そんな寒いときに、隣の畑にはカリフラワーが一面に栽培されていた。

そう思うとやはり日本は昔に比べると暖かくなったのだと改めて感じる。

ウェルカム新品種

もう既に定番化しつつあるが、数年ほど前からスティックブロッコリー(商品名でスティックセニョール)という、ブロッコリーと中国野菜のカイランを掛け合わせた新しい品種が人気だ。

私はこういう新野菜が大好きだ。どんどん新しい品種を出して欲しいと常に思っている。マンネリになりがちな季節の野菜を多品種によって解決するのがいいと思うからだ。

旬のものではない野菜を無理してハウス加温栽培してもいいことは無い。

掛け合わせる、サラダ用の品種を開発する、色を変える、昔の品種を掘り起こす、いままで廃棄していた部分を食べられるようにする。

こんな手法で品種をどんどん増やしていきたい。

そんななか、遂に出ましたスティックカリフラワー!もう美味しいに決まってるでしょ!

茎の部分は柔らかいアスパラのような歯ごたえと、頭のカリフラワーの部分はホクホクとしてこれは流行すると思う。

作付けに迷っている方お勧めですよー

蓮山(ロマネスコ)はまた別の機会に記事にします。

-今日あった野菜の話
-, , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【新規就農 大根生産農家】と口論になった話

理由あり商品にもならなかった大根 Contents1 今年は大根が安い2 就農5年目くらいの兼業農家さん3 出荷前の電話4 野菜の価値を決めるバランス5 選別6 大根の評価は難しい 今年は大根が安い …

緑のジャガイモって毒なんです。一口食べると明らかに分かるくらい毒です。

直射日光下はNGなジャガイモ。ダメ!絶対! Contents1 ジャガイモは光に当てたら絶対ダメ2 せっかく配送&納品時に新聞を掛けておいてもめくる奴多発3 気になるお味は…??4 キンキンに 冷やし …

no image

【私有地NG】たけのこはどこで採るのかお伝えしようと思います

Contents1 私有地は本当に怒られるので注意2 誰も教えてくれない3 ではどこで掘るのか?4 今日も真竹ゲット 私有地は本当に怒られるので注意 真竹の竹林 まず、絶対に他人の敷地内でタケノコを掘 …

no image

真竹(マダケ)と淡竹(ハチク)の見分け方が微妙過ぎる

Contents1 毎年繰り広げられるタケノコ談義2 千葉の友人のSNSへの投稿3 不安。。まさか、、、、4 そして知の結集グーグル先生へ 毎年繰り広げられるタケノコ談義 6月に入り気温も湿度も上がる …

ターサイ?タアサイ?ターツァイ?→ 【新名】 ミステリーサークルにしよう!

数年前の2月の話。前日に粉雪が降った吉野川沿いの畑に、優しいと評判の農家のおじさんと突っ立って風に吹かれながら話をしていた。 ひとしきり寒いだの、天気が異常気象だの、値段が安いだの業界の挨拶程度の話を …

【プロフィール】

【プロフィール】

野菜ジャーナリスト、野菜占い師、古物商。
その他ひょうたんの栽培加工販売、野外フェス等へのオリジナル料理「コブラ巻」の出店、顔出し看板の作成、Earth,wind & COBRAでのファンクボーカルなどなどなど精力的に活動している。