今日あった野菜の話

真竹(マダケ)と淡竹(ハチク)の見分け方が微妙過ぎる

投稿日:2021年6月8日 更新日:

毎年繰り広げられるタケノコ談義

6月に入り気温も湿度も上がるとドッと出荷されてくるスラリと伸びたタケノコ。

切ったまま段ボールに詰められ、伝票が挟んである。

見れば品名は『たけのこ(ハチク)』

作業場の前にトラックを付け、冷蔵車の荷台に積み込んでいると家の方から農家さんが登場。

農家「去年の支払い伝票には真竹って書いてあったけど、これはハチクやからなー」

僕「ネットで調べてみると、全国的にはマダケらしいんですわ。」

農家「ネットより前からウチらはハチクとかハッチクって読んでんねんけどなぁ…」

毎年なあなあにしてはいたものの、結局は商品名はたけのこ(マダケ)として販売していた。

千葉の友人のSNSへの投稿

そして今年。

千葉の友人が裏山でタケノコを採ったとSNSへの投稿が目についた。

みれば友人が竹藪でよく見慣れたタケノコを刈っているではないか。

微笑ましいなぁと思いつつ続きを読むと、

「破竹とったどーーー!」

いやいやいやいやいやいや

それは真竹や。 そして感じも違う。 淡竹や!!

コメントでツッコミを入れ、ワイは八百屋やと散々マウントを取り、ケチョンケチョンに伸した。

そして、友人から最後の返答

「いや~一緒に行った地元のじいちゃんがそう言ってたんだよ」

真竹のたけのこが生えてるところ

不安。。まさか、、、、

ここ関西だけでなく、遠く離れた関東の千葉県でも真竹ではなく淡竹と呼んでいる事実。

点と点がつながり、それまでの自信が揺らぐ。

まずは手っ取り早く集荷で回る農家さんに尋ねることにした。

一件目、元地元銀行員で定年後は半分趣味で出荷をしている方。紛れもなくしっかりとしたジャッジを下してくれそうだ。

聞くと「これは・・ハチクやな。これは栄養豊富な土壌で生えたやつだから太っといわ!」

僕「やはりハチクですか。これ、ネットで調べると真竹って出てくるんですよ。」

元銀行員農家「いやーこれは昔からこの辺だとハチクって呼んでんでー」

二件目、元小学校教師でこちらもかなり信頼できる方。すごく優しい。毎回飲み物をくれる!

元教師「これここらへんだとハチクっていうけど、町の直売所だと真竹って書いてあるねぇ」

僕「そうなんですよ!ここらへんだけじゃなくて遠く離れた千葉でも地元の人はハチクって呼んでるみたいなんです」

元教師「いやー困ったねぇ。まぁ野菜ジュースでも飲んでき。」

そして知の結集グーグル先生へ

事務所に戻り、見慣れたGooglechromeの検索窓に真竹と打ち即検索→

Google「あーそれ真竹真竹。間違いなく真竹よー」

アッサリ!!!

試しに淡竹と検索→

Google「それは淡竹や。画像検索しても間違えてる奴おらんでー」

ガーン!ガーン!ガーン!

というわけで数年ぶりに再燃したハチクマダケ闘争は関西と千葉の点と点が奇跡的にマッチングリンクしたスペクタクルなランデブーだっただけでした。 

おわり

-今日あった野菜の話

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【京野菜】壬生菜が売れない。

壬生菜300g超 何をやっても売れないのでそういうもんだと思ってます 壬生菜。 言わずと知れた京野菜の雄。 壬生と言えば『壬生義士伝』を思い浮かべてしまい、義理と人情に思いを馳せてしまう。 しかし残念 …

1番売れない野菜…それは「からし菜」

全長50cmはあるからし菜(紫高菜)霜で茎がボロボロになっている。 Contents0.1 なぜこんなに売れないのか、からし菜よ。0.2 郷土料理「めはり寿司」でも使われる1 呼び名が統一されていない …

【今夜決着】ハクサイの玉売りは鉢巻か袋入りか論争

ズルケたハクサイ Contents1 消えゆく裸文化2 防曇袋とプラマーク3 なぜハクサイに包装が必要なのか4 【今夜決定】ハクサイの包装法 消えゆく裸文化 昔のイメージからすると、ハクサイと大根は特 …

【新規就農 大根生産農家】と口論になった話

理由あり商品にもならなかった大根 Contents1 今年は大根が安い2 就農5年目くらいの兼業農家さん3 出荷前の電話4 野菜の価値を決めるバランス5 選別6 大根の評価は難しい 今年は大根が安い …

ゴキブリとニンジン

今年はにんじんがやたら高い年だった。安い年なら3本で98円くらいだが、今年は500g(2~3本)で198円が普通だった。 気軽に買える金額じゃないよなぁ~っと思いながら値段をつけるが、相場が高い時に生 …

【プロフィール】

【プロフィール】

野菜ジャーナリスト、野菜占い師、古物商。
その他ひょうたんの栽培加工販売、野外フェス等へのオリジナル料理「コブラ巻」の出店、顔出し看板の作成、Earth,wind & COBRAでのファンクボーカルなどなどなど精力的に活動している。