今日あった野菜の話

【大根占い】出ました!大吉!大根大いに爆ぜる

投稿日:2019年1月12日 更新日:

聖護院大根が割れた

胴回り50cm位はある聖護院大根 割れました

張りつめていた表皮がパチッと一気に割れた、というか爆ぜた。

収穫前に地面の中で割れているのは傷口がふさがっているので、まだ理由あり大根として出荷できるが、流通の過程で割れるものは性質が悪い。

カット大根として1/2サイズにして売れる場合や、加工品に回せるなままだ良いが、1個売りしかできない場合やひび割れが大きい場合なども多々あるので勿体ない。

青首大根は景気よく2本割れ

ひび割れが2本入りました

青首大根、勢い余って2本もひび割れちゃいました。

もし大根のひび割れで占いをする大根占いがあったら大吉だろう。

ちなみにこの青首大根、霜にあたって茎が凍り、解凍されたもので茎の表皮がズルズルになっています。

通常の野菜は、氷点下以下だと寒さで凍らないように糖度を高めて凍らないように自衛します。結果として糖度の高い野菜が生まれるのですが、それでも寒すぎて凍ってしまう場合があります。

特に茎は凍りやすく茎を持っただけで皮がズルッっと剥ける事がこの時期多いです。もし売っている大根の茎がズルズルでしたらそれは糖度の高い、所謂美味しい大根なので是非探してみてください。

なんで大根って茎10cmくらい残して売ってるんですかね?

ひとつは出荷するときに生産者の方が持ちやすいためだと思うんですが、

小さめな聖護院大根 これも割れた

上の画像の聖護院大根は古くなってきて茎がヘナヘナになった為、茎を切り落としたものです。

古くなってくると茎がポロポロと落ちてきます。

大根売り場で、茎が落ちてるのは日常の光景すぎてあまり気にかけないのですが、茎を見ると鮮度がすぐわかります。

鮮度の目安として残しているっていうのも多分にあるります。

【重要】「ス」が入っているか見分ける方法

大根類のクレーム返品で多いのが、いわゆる「す」が入っている事です。

収穫がかったり、生理現象だったり、理由は色々ですが外からの見分け方は有ります。

まずとう立ちしているもの。これはすが入る確率がかなり高くなります。

と言うかとう立ちしているのは基本的に出荷アウトですよね。。。笑

因みにとう立ちしているかの見分け方は簡単で、完全にとう立ちしているものは一目瞭然で大きな茎がドーンと出てきています。

とう立ちの超初期段階は茎の状態で判断せず、大根の表皮に全くツヤがなくなりハリはあるのにツヤがなくなる状態になります。これ春先に意外と多いです。

話を戻すと、「す」が入っている大根の見分け方は、大根のしっぽの部分を切って切り口を見てみると中心部分が黒くなっている事が多いです。そして茎の切り口も確認して見てみると、茎の中にもすが入っている事があります。

大根占いだと「す」は大凶なので皆様ご注意ください。

死んだおしりかじり虫の様なあじまるみ大根

-今日あった野菜の話

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

ちぢみ小松菜 夏は縮まない困ったな

Contents1 本日の題名、気付いた方もいたと思うがダジャレである。2 【大寒】かなり縮んでまいりました3 ちぢみほうれん草徒然4 夏の日のちぢみ小松菜5 日本を席巻した小松川旋風 本日の題名、気 …

種子法廃止って結局なんなんだよ?自家採種禁止?モンサントの陰謀?売国TPPか?→簡単にまとめました

Contents1 まずは簡単に種子法とは2 種子法がなくなるとどうなるか予想してみた3 え!じゃあ公共のものだったコメの品種はどうなんの?4 噂で聞いたけどモンサント社が黒幕なんやろ?5 自家採種禁 …

【農家の伝統裏メニュー】菜花ってそもそも花って食べれるの?

Contents1 【ら抜き言葉】食べれます!食べられます!2 菜の花と食用にする菜花の違い3 花が開いたら不良品ってルールやめない?4 実は菜花は各地で伝統野菜だった5 スーパーで千葉県伝統体操の「 …

春の足音のような葉玉ねぎ

太陽の塔と葉玉ねぎのコラボ Contents1 発音は【はぁ:たまねぎ】関西圏調べ2 出荷期間中に進化していく3 葉付き新タマネギ4 スーパーでは一般的ではない5 直売所の魅力が詰まった葉玉ねぎ 発音 …

ターサイ?タアサイ?ターツァイ?→ 【新名】 ミステリーサークルにしよう!

数年前の2月の話。前日に粉雪が降った吉野川沿いの畑に、優しいと評判の農家のおじさんと突っ立って風に吹かれながら話をしていた。 ひとしきり寒いだの、天気が異常気象だの、値段が安いだの業界の挨拶程度の話を …

【プロフィール】

【プロフィール】

野菜ジャーナリスト、野菜占い師、古物商。
その他ひょうたんの栽培加工販売、野外フェス等へのオリジナル料理「コブラ巻」の出店、顔出し看板の作成、Earth,wind & COBRAでのファンクボーカルなどなどなど精力的に活動している。