今日あった野菜の話

【大根占い】出ました!大吉!大根大いに爆ぜる

投稿日:2019年1月12日 更新日:

聖護院大根が割れた

胴回り50cm位はある聖護院大根 割れました

張りつめていた表皮がパチッと一気に割れた、というか爆ぜた。

収穫前に地面の中で割れているのは傷口がふさがっているので、まだ理由あり大根として出荷できるが、流通の過程で割れるものは性質が悪い。

カット大根として1/2サイズにして売れる場合や、加工品に回せるなままだ良いが、1個売りしかできない場合やひび割れが大きい場合なども多々あるので勿体ない。

青首大根は景気よく2本割れ

ひび割れが2本入りました

青首大根、勢い余って2本もひび割れちゃいました。

もし大根のひび割れで占いをする大根占いがあったら大吉だろう。

ちなみにこの青首大根、霜にあたって茎が凍り、解凍されたもので茎の表皮がズルズルになっています。

通常の野菜は、氷点下以下だと寒さで凍らないように糖度を高めて凍らないように自衛します。結果として糖度の高い野菜が生まれるのですが、それでも寒すぎて凍ってしまう場合があります。

特に茎は凍りやすく茎を持っただけで皮がズルッっと剥ける事がこの時期多いです。もし売っている大根の茎がズルズルでしたらそれは糖度の高い、所謂美味しい大根なので是非探してみてください。

なんで大根って茎10cmくらい残して売ってるんですかね?

ひとつは出荷するときに生産者の方が持ちやすいためだと思うんですが、

小さめな聖護院大根 これも割れた

上の画像の聖護院大根は古くなってきて茎がヘナヘナになった為、茎を切り落としたものです。

古くなってくると茎がポロポロと落ちてきます。

大根売り場で、茎が落ちてるのは日常の光景すぎてあまり気にかけないのですが、茎を見ると鮮度がすぐわかります。

鮮度の目安として残しているっていうのも多分にあるります。

【重要】「ス」が入っているか見分ける方法

大根類のクレーム返品で多いのが、いわゆる「す」が入っている事です。

収穫がかったり、生理現象だったり、理由は色々ですが外からの見分け方は有ります。

まずとう立ちしているもの。これはすが入る確率がかなり高くなります。

と言うかとう立ちしているのは基本的に出荷アウトですよね。。。笑

因みにとう立ちしているかの見分け方は簡単で、完全にとう立ちしているものは一目瞭然で大きな茎がドーンと出てきています。

とう立ちの超初期段階は茎の状態で判断せず、大根の表皮に全くツヤがなくなりハリはあるのにツヤがなくなる状態になります。これ春先に意外と多いです。

話を戻すと、「す」が入っている大根の見分け方は、大根のしっぽの部分を切って切り口を見てみると中心部分が黒くなっている事が多いです。そして茎の切り口も確認して見てみると、茎の中にもすが入っている事があります。

大根占いだと「す」は大凶なので皆様ご注意ください。

死んだおしりかじり虫の様なあじまるみ大根

-今日あった野菜の話

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【新春特別企画】今夜勝手に発表!2017上半期お洒落ベジタブルtop3!

あけましておめでとうございます。 もう今年になってから10日も過ぎてしまいましたが、ブログの更新は今日が今年初という体たらくです。 年明けくらいから徐々に体調が悪くなり、ここ1週間くらい風邪気味でブロ …

大和伝統野菜と言えば大和真菜!ってどこで売ってるの?見たこと無いわ!笑

大和真菜の写真を撮ろうと新聞を広げたら、広告欄の方に目がいってしまい、こんな構図の写真になった。 新聞の縦横のサイズがA2サイズ (420×594mm)なので、ざっくりとこの袋入り大和真菜は40cm近 …

【予言】菊芋は50年後のお節に入っている【子宝・子孫繁栄】 ゆるキャラの犬りん★

Contents1 要注意外来生物リストにロックオンされております2 繁殖力と移民受け入れ 血統主義3 機能性食品としての道 そして国民食へ~ 要注意外来生物リストにロックオンされております 先日菊芋 …

1番売れない野菜…それは「からし菜」

全長50cmはあるからし菜(紫高菜)霜で茎がボロボロになっている。 Contents0.1 なぜこんなに売れないのか、からし菜よ。0.2 郷土料理「めはり寿司」でも使われる1 呼び名が統一されていない …

【新規就農 大根生産農家】と口論になった話

理由あり商品にもならなかった大根 Contents1 今年は大根が安い2 就農5年目くらいの兼業農家さん3 出荷前の電話4 野菜の価値を決めるバランス5 選別6 大根の評価は難しい 今年は大根が安い …

【プロフィール】

【プロフィール】

野菜ジャーナリスト、野菜占い師、古物商。
その他ひょうたんの栽培加工販売、野外フェス等へのオリジナル料理「コブラ巻」の出店、顔出し看板の作成、Earth,wind & COBRAでのファンクボーカルなどなどなど精力的に活動している。