今日あった野菜の話

【スーパー毎年恒例クレーム】さといもが腐っててカビ生えてた

投稿日:

毎年一度はサトイモにカビが生えたとクレームで返品になります

比較的温暖な時期はけっこう頻繁に生鮮野菜が腐っていたり、カビが生えた、返品されて来たり、返金したりしています(すみません)。不良品には気を付けていますが、野菜も生きていますし、ばい菌も生きていて暖かいと活発なので刻一刻と状況は変化していっています。

しかし、一方寒い時期、特に冬場はガクンとクレームや返品が減ります。

その中で毎年一度はある、かなりマニアックですがサトイモの腐りについて今日はクローズアップしたいと思います。

まず、非常に分かり辛い。

一部、腐っております・・・。 お分かり頂けただろうか。

こちらの写真をご覧いただきたい。

サトイモの親芋(茎が生えてる根本の部分。親芋に小芋が付き一般的には小芋を食べる)の部分だ。一部が腐っているのがお分かり頂けるだろうか。

この写真だとパッケージを開封し、腐った部分が見えるように撮影しているが、実際の現場だとこれくらいは非常に見落とし易い

野菜の異常は五感で感じろ

これは以前読んだ「スーパーマーケット 青果の教科書」で一番心に響いた一文だ。

この一文は本当に納得がいく。見た目ですぐにわかるものや、匂いでしか分からないもの、最終的に味でわかるもの、聴くのは…まぁあれだが、このサトイモの不良は触覚で判断するのが一番わかりやすい

袋の上からモミモミ検品をするのが一番だ。慣れると意外とすぐに判断がつくし、超実用的なのだ。モミモミ。

はなしは戻るが、上の写真で腐っているのは右上の親芋なのだ!

下の写真はズームインしたところ

見た目はパチンコ玉くらいの大きさの腐りだが、触ってみるとドロドロですぐにわかる。

スプーンでほじってみた。

腐っている部分は触ってみるとドロドロと粘りけですぐにわかる。

スプーンでほじってみると変色している腐った部分は簡単にほじれる。

ご存じない方も多いと思うが、親芋はかなり固く、たけのこくらいの固さだ。

そんな固い親芋にできた腐りトンネルをホジホジ進んでいくと、隣の穴と中でつながっていたのだ。

結局1/4くらいは腐っていた

トンネルの場所の上から真っ二つにしてみた。

この先、トンネルはまだまだ続いていそうだ。表面から見ただけではパチンコ玉程度しか変色したところは分からないが、中では500円玉くらいの腐りトンネルが続いていたのだった。

これを食べようと思ったら、腐ったところを切り取って皮を剥いて下処理すると重さは1/4くらいになってしまった。

【追記】そういえばこのあいだ、初めて親芋がめっちゃ固くて、煮ても煮ても柔らかくならなかったって返金したけど、そんなこともあるんだなぁ。

【追記】里芋の小芋はどこでも販売してますが、親芋は販売していないところも多いです。捨てていた農家の方も多いようです。直売所では安価だと結構売れます。赤ちゃんの頭ほどの大きさで150円くらいで寒いときには特に売れます。

【追記】里芋の親芋は加熱すると紫色に変色することが多いです。この変色クレームも以前ありました。

-今日あった野菜の話

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【特別栽培農産物】え!?節減対象農薬不使用って農薬使ってないんじゃないの?→簡単にまとめました

有機野菜と表示するには手間がかかる、無農薬と表示すると罰則金。そんなすき間を埋めるマニアックな「特別栽培農産物」の表示です。 Contents1 まず特別栽培農産物とは2 節減対象農薬不使用と農薬不使 …

ブロッコリーvsカリフラワー戦争★現在ブロッコリーが優勢の様子

Contents1 ハイスクールカリフラワーイヤーor Dumpling?2 家の隣がカリフラワー農家3 ウェルカム新品種 ハイスクールカリフラワーイヤーor Dumpling? 高校が体育の盛んな学 …

【蕪とスーパーカブ】昔からあるバイク屋は大概愛想が悪い。しかしもう潰れただろうと思ってストリートビューを見てもまだある。

Contents1 なんとなく売れ行きが年々減り続けるカブ 売るのもなんとなく難しい2 昔からあるバイク屋は愛想が悪い(偏見です)3 やはりカブは漬けものだ 漬物の申し子カブ4 もうなんでも柔らかくし …

no image

【時短】がキーワードなんだって!-めんどくさがり屋な消費者を狙う-

–日本農業新聞より–時短需要に商機あり 国内最大級 流通業向け展示会 https://www.agrinews.co.jp/p46732.html?page=2 今日の日本農業 …

ゼスプリゴールドガールよ何処へ

Contents1 ついにキウイフルーツの出荷が始まった2 キウイの思い出3 王者ゼスプリゴールドキウイ ついにキウイフルーツの出荷が始まった キウイフルーツの出荷が始まるとまた冬が来たなと思う。11 …

【プロフィール】

【プロフィール】

野菜ジャーナリスト、野菜占い師、古物商。
その他ひょうたんの栽培加工販売、野外フェス等へのオリジナル料理「コブラ巻」の出店、顔出し看板の作成、Earth,wind & COBRAでのファンクボーカルなどなどなど精力的に活動している。