野菜と農業のニュース

【コープ生協】青果部門で産直の割合が減少に転じる

投稿日:2019年2月27日 更新日:

本日2月27日の日本農業新聞でとても気になるニュースが目に飛び込んできた。

生協と産直野菜ってかなり親密なイメージだとみなさん思っているのではないか。
しかし、青果部門で産直の割合がなんと前回調査の2015年より減少に転じたというのだ。

しかもしかも前々回の2013年ベースで見ても減少しているのだ。

全国生協調査 取扱割合 青果減少 畜産好調

日本農業新聞 https://www.agrinews.co.jp/p46874.html?page=2

既に成長段階ではなく定番化したのか?

10年以上前に地元コープと農協が共同で産直コーナーを作ったニュースを覚えている。
当時は道の駅や、スーパーなどの小売店の中に直売所が出来てブームの様な状態だった。それから10年も経てば定番化してしまい、伸びも鈍化したのか、とニュースをみて率直に頭に浮かんだ。

私は卸売市場を通さない産直野菜の流通を生業としているが、実感として産直コーナーは頭打ち感がある。

比率ではなく金額だと

比率ではなく、取扱の金額ベースで見ると、生鮮6部門全体の総供給高は前回より11%増の約9162億円。部門別のデータは無し。
卵や精肉が1割りほど伸びているので、青果の金額ベースが伸びているのかは不明。
天候不順や地震や台風などの天災が最近多いのを含めて考えると、成果は比率、金額共に結局は横ばいだ。

ミスマッチ&ミスマッチ

同調査で生協側に産直を増やしたいかを尋ねると、青果が一番関心が高く6割が増やしたいと回答している。

また、生産者団体(101団体)で、生協との取引を増やしたいと回答した割合は7割。
理由は「消費者との結びつきが強い」「組合員の意見を反映した受注生産ができる」など。

相思相愛なんですが、両社を繋げるしくみが弱いんです。

そして生産者側にも問題が山積みで、生産量と多様な品目、高度な栽培技術、年齢、余裕がもうない、などの理由が続く。

一方、販売側のコープも大規模産地のスケールメリットや高度な技術によ多品目な品ぞろえも重要なので、今くらいの遠地物と産直物の割合が無難なのではないか。

-野菜と農業のニュース

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【タキイ種苗の大迷走】2018年 平成最後の野菜総括メッタ切り

Contents1 謎だらけのアンケート2 世界有数の種会社は種で振り返れ3 平成を振り返る野菜エピソードは面白い 謎だらけのアンケート まず題名がヒドい 平成最後の節目の年に「野菜」を振り返る タキ …

【JA全農推奨】おにぎりダイエット -糖質制限な世の流れに逆らう-

ダイエットの天敵 セブンイレブンの とみ田監修「豚ラーメン」 これでどこでも次郎系ラーメンが食べられるぞ! Contents1 今の世の中ダイエットと言えば糖質制限!1.0.1 糖質制限ダイエットブー …

【 ノウフクJAS 】日本農林規格に新規格登場 !有機JASだけではない!

Contents1 【祝】JAS規格新設!!!1.1 そもそも【JAS】日本農林規格ってなによ?1.2 取引先でも意外と多いんです1.3 ノウフクJASのブランド力1.4 そして障がい者雇用の促進へ …

【農業女子へエール】アントニオ猪木 アナウンサー闘魂注入事件いまだから振り返る

Contents1 農業奥さまは元々多い2 ブームに乗れるなら乗ったほうがいい3 アントニオ猪木 アナウンサー闘魂注入事件4 人が動くと言うことはそれだけで多大なエネルギー いいこと尽くしのこの記事を …

あなたが買ったそのほうれん草、だれかが辛い思いをしているかもしれない理由

Contents1 豊作貧乏極まり2 ほうれん草ってめちゃめちゃ数が売れるんです3 公正な競争4 市場原理は万能ではない5 まとめ 豊作貧乏極まり 2018-2019年の冬はだれに聞いても暖冬だったと …

【プロフィール】

【プロフィール】

野菜ジャーナリスト、野菜占い師、古物商。
その他ひょうたんの栽培加工販売、野外フェス等へのオリジナル料理「コブラ巻」の出店、顔出し看板の作成、Earth,wind & COBRAでのファンクボーカルなどなどなど精力的に活動している。