comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

2017年 大瓢エースひょうたんの栽培【種まきあるある】掘り返したら芽が出てた

ポットに播種してから1週間経過 簡易的にビニールをかぶせてトンネル風にしてます。 昼は温度があがるけど、夜は外気温と全く同じになる。 もうそろそろ発芽してもいいんじゃないかと常々おもってるんですが、一 …

【農業女子へエール】アントニオ猪木 アナウンサー闘魂注入事件いまだから振り返る

Contents1 農業奥さまは元々多い2 ブームに乗れるなら乗ったほうがいい3 アントニオ猪木 アナウンサー闘魂注入事件4 人が動くと言うことはそれだけで多大なエネルギー いいこと尽くしのこの記事を …

【農家の伝統裏メニュー】菜花ってそもそも花って食べれるの?

Contents1 【ら抜き言葉】食べれます!食べられます!2 菜の花と食用にする菜花の違い3 花が開いたら不良品ってルールやめない?4 実は菜花は各地で伝統野菜だった5 スーパーで千葉県伝統体操の「 …

【八百屋が選ぶ】日本原産の野菜 果物TOP3ランキング!

こんにちは!うちの奥さんとマコモダケは日本原産か、否か、を話していたついでに色々と調べてみたら面白かったので、日本原産な記事にしちゃいました。 Contents1 日本原産ってそもそもなによ?2 東ア …

2017年 大瓢エース 脇芽摘み取り

普通の瓢箪は親蔓をある程度まで伸ばして摘芯し、子蔓、孫蔓と分けていき瓢箪を結実させます。 子蔓や孫蔓の方が雌花の確立が高く、親鶴は雄花が多いからです。 今年の大瓢エースは一株に一個しか結実させない予定 …

【プロフィール】

【プロフィール】

野菜ジャーナリスト、野菜占い師、古物商。
その他ひょうたんの栽培加工販売、野外フェス等へのオリジナル料理「コブラ巻」の出店、顔出し看板の作成、Earth,wind & COBRAでのファンクボーカルなどなどなど精力的に活動している。