comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

2017年 大瓢エース 久々に雨が降って蔓がよく伸びた

雨が全く本当に降らないので毎日じょうろで水やりしてたんだけど、ようやく降った。 そしたらやっぱり蔓がかなり伸びた。 ジメジメした日が続くと、うどんこ病とか病気が出やすいので殺菌剤をまく→雨が降って流れ …

no image

【時短】がキーワードなんだって!-めんどくさがり屋な消費者を狙う-

–日本農業新聞より–時短需要に商機あり 国内最大級 流通業向け展示会 https://www.agrinews.co.jp/p46732.html?page=2 今日の日本農業 …

【コープ生協】青果部門で産直の割合が減少に転じる

本日2月27日の日本農業新聞でとても気になるニュースが目に飛び込んできた。 生協と産直野菜ってかなり親密なイメージだとみなさん思っているのではないか。しかし、青果部門で産直の割合がなんと前回調査の20 …

【京野菜】壬生菜が売れない。

壬生菜300g超 何をやっても売れないのでそういうもんだと思ってます 壬生菜。 言わずと知れた京野菜の雄。 壬生と言えば『壬生義士伝』を思い浮かべてしまい、義理と人情に思いを馳せてしまう。 しかし残念 …

2017年 大瓢エース 脇芽摘み取り

普通の瓢箪は親蔓をある程度まで伸ばして摘芯し、子蔓、孫蔓と分けていき瓢箪を結実させます。 子蔓や孫蔓の方が雌花の確立が高く、親鶴は雄花が多いからです。 今年の大瓢エースは一株に一個しか結実させない予定 …

【プロフィール】

【プロフィール】

野菜ジャーナリスト、野菜占い師、古物商。
その他ひょうたんの栽培加工販売、野外フェス等へのオリジナル料理「コブラ巻」の出店、顔出し看板の作成、Earth,wind & COBRAでのファンクボーカルなどなどなど精力的に活動している。