ひょうたん栽培日記 自分の畑

2017年ひょうたんの栽培キックオフ★ブログを続けるたった1つの秘訣を大公開します

投稿日:2017年4月10日 更新日:

いよいよ今年もひょうたんシーズンに突入しました。

以前は3月に種をポットに播種して、熱帯魚用の温水ヒーターと発砲スチロールで保温して、発芽を促進し4月には畑に定植してました。

しかし早く定植する最大のメリットの『台風のよく来る9月までに収穫を終わらせる』を一昨年に7月に上陸した台風によって木っ端微塵に打ち砕かれ、早植えは止めました。

結局、強風が吹くと葉が傷んで、樹自体が弱って病気になって枯れるってパターンが多いです。大概はうどん粉病が多い。

とくに我が家は標高300m以上ある山間地にあるので、まぁまぁ朝晩は寒くて4月に路地で遅霜にあたったらひとたまりもないんです。

去年は自分で作った苗は鹿に食べられたり、霜にあたったりで、結局苗をホームセンターで買って植えて最初からグダグダになってしまいました。

今年の目標は

①巨大なひょうたんを作る

②二期作に挑戦する

の2つです。

 

まず1月くらいにネットで下調べし、福井県にある福井シード株式会社さんに予約の注文をいれておきました。

6粒入りの小袋を5袋注文。一袋500円くらいしました!

品種は『大瓢エース』!!!

ババーーーーン!エース!!!笑

 

ひょうたん業界ではあまりにも有名な種のようですが、ひょうたん協会的なところに入って分けてもらうかしないと入手困難との噂だったけど、福井シードさんの熱意により現在は注文すると購入できます!

インターネットってすごいよね。

さっそくポットにポット用の土を詰めて(以外に高い)本日播種しちゃいました。

**************************

そして今回はブログを続けるたった1つの方法をご紹介します。

それは…

 

「再開させること」です。

いやホントに再開させる力ですよ。

毎日更新してたのが、1日休む。3日更新になる。1週間に一度になり、パタッと更新しなくなる。

最初は勢いでバーーーーーーっと走り出すけど、仕事が忙しい時もあれば、子供が生まれたり、就職、就学でライフスタイルがガラッと変わったりで馴染むまで3カ月とか半年とかかかるものです。

で、ちょっと落ち着いたときに思うんです。

「あ、ブログやってたな」って。

 

そこで億劫になってしまうんです。大概は。僕も億劫になって半年くらい休みました。

こんかいは特にスマホに入れてあるブログ更新のアプリにログインできなくなるってハプニングも加わり、更に再開の難易度があがりましたよね。

でもいつか再開させるって思ってたらいいんですよ。

 

で、やる気はスイッチじゃなくてペダルの様なものって意識の変化も重要で、パチッっと入ってシャキっとやる気なんて出ないんですよね。

ペダルのように最初は重いけど、ちょっとスピードがでるとノッテきて走りだせるんですよね。やる気は大概後からついてくるんだって気づきました。不思議なもんで。

 

 

 

-ひょうたん栽培日記, 自分の畑

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

2017年 大瓢エース 本葉が生えてきたので誘引もした

最近天気がすこぶる良くて全く、本当に全く雨が降らない。 雨どいから200リットルのドラム缶に雨水が貯まるようにしているんだけど、それももうほとんどないので水道水を足している。 2017年、今年の5月は …

2017年 大瓢エースついに発芽っ!!!よく待ったわ。

ついに発芽しましたよ! 見てくださいこのちょびっと出た感じ。 待ち望んでおりました。 4月9日に播種しているので実に15日!半月ほどかかりました。 瓢箪の種は桜の開花時期に合わせてまかれる事がおおいん …

2017年 大瓢エース 蔓が伸びて伸びて・・・

いやー順調に育っています。 病気も虫害もほぼなし! 一日にだいたい20~30cmくらいずつ伸びていってます。             &nb …

2017年大瓢エース 8月途中経過

Contents1 瓢箪の二期作に挑戦中2 受粉失敗???3 皮が破けてる??4 大瓢箪の実の重さ保護 瓢箪の二期作に挑戦中 まず、今年の目標というかやってみようと思ってた二期作(二毛作?いつもごっち …

2017年 大瓢エース!ついに定植へ。。

ついに定植の日がやってまいりました 播種から約2か月間かかってようやくです。 一応の僕基準として双葉がでて本葉がでて蔓の先っぽが出てきてからにしようと毎年思ってます。 農薬はオルトランの顆粒を一振りと …

【プロフィール】

【プロフィール】

野菜ジャーナリスト、野菜占い師、古物商。
その他ひょうたんの栽培加工販売、野外フェス等へのオリジナル料理「コブラ巻」の出店、顔出し看板の作成、Earth,wind & COBRAでのファンクボーカルなどなどなど精力的に活動している。